精神科・心療内科の医療サイト|うつ 認知症 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

精神科・心療内科の医療サイト

女性のメンタルヘルス・うつ病

<ポイント!>

女性のメンタルヘルス対策はとても重要です。うつ病に関しては、女性の方が男性よりも約2倍病気にかかりやすいことがいわれています。

女性のメンタルヘルス・うつ病対策は、女性特有の問題を十分に考えなければなりません。

うつ病では、女性が男性より約2倍罹患しやく、気分障害全体(うつ病や双極症を含む)では、女性が男性より約1.5倍多い傾向が続いていると報告されています。

月経や妊娠、出産、更年期といった女性ホルモンの変化の影響と、それぞれのライフステージにおける女性特有のストレス因が重なり合ってメンタルヘルスの不調をきたすと考えられます。

①月経前症候群と月経前不快気分症

<ポイント!>

月経前症候群や月経前不快気分症は決してまれな病気ではありません。適切な治療があることを是非知ってほしいと思います。

月経前症候群(PMS:premenstrual syndromeの略)

月経の数日前からさまざまな身体症状や精神症状が出現し、月経が始まると症状は消失します。

月経直前に最も症状が強く、月経周期に合わせて症状を繰り返すことが多いです。

月経のある女性の約20~50%の方が経験する症状です。

通常は、特別な治療を必要とせず生活に支障をきたすことはありません。

月経前不快気分症・月経前不快気分障害(PMDD:premenstrual dysphoric disorderの略)

月経前症候群(PMS)よりも重症で特に精神症状が強くあらわれます。

うつ病と同じぐらいつらい症状(うつ病の症状)が強く出現することがあります。

そのためさまざまな活動が困難となり日常生活に支障を来たします。

 
1.精神的な症状の特徴
2.治療

治療は薬物療法や食事療法、精神療法などを行います。

いずれにしてもこのような「月経前症候群」「月経前不快気分症」という病気があること、そして適切な治療があることを是非知って頂きたいと思います。

②マタニティー・ブルーズと周産期うつ病

マタニティー・ブルーズmaternity blues

出産後3日から5日頃に気分が落ち込んだり不安定になったり、またいらいらが強くなったり涙もろくなったり気分の変化や不安が強くなる状態です。通常は出産後10日頃に自然に軽快します。

周産期うつ病

 

以前は産後うつ病と言われていました。

妊娠中や出産前後の期間(周産期と呼びます)にうつ病が発症することがあります。

産後の女性ホルモンの急激な変化によるセロトニン系の調節異常が原因と考えられています。

周産期は母子ともにとても重要な時期です。

そしてうつ病や気分障害による精神症状の重症化は自殺や衝動行為に発展することがあります。

心当たりがあれば是非とも専門医にご相談ください。(うつ病の治療

③更年期障害と更年期(閉経周辺期)うつ病

更年期障害

女性の更年期は閉経の前後45~55歳頃に相当し身体的にも精神的にも変調をきたしやすい時期です。更年期障害はこの時期に起こるさまざまな症状や状態を指しています。

更年期(障害)の主な症状

「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といわれる、検査をしてもはっきりした異常がみつからない自律神経の調節障害に関係した症状が多くみられます。

卵巣機能の低下から女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下することが原因ですが、心理的、環境的な変化も関与し無視できません。

治療は、ホルモン補充療法や漢方薬が使用されます。心理的・精神的なケアも大切です。

更年期(閉経周辺期)うつ病

女性の更年期は心身ともに変調をきたしやすい時期です。

特に閉経前45~49歳頃はうつ病が発症しやすいといわれています。

更年期障害とうつ病が合併していたり、他の精神疾患が合併していたりすることもあります。

女性特有のストレスに配慮して治療を進めることが大切です。(うつ病の治療